緑内障検診

北名古屋市にあります酒井眼科より、緑内障検診についてご案内します。

緑内障とは

緑内障は眼の圧力によって視神経が痛み、痛んだ部分が見えなくなり、進行すると失明することもある怖い病気です。
初期は自覚症状がありません。
これが緑内障の怖いところです。
見えない部分(視野欠損)があっても自分では気がつかないのです。そのまま放ってしまうと見えない部分が広がっていきます。
現在の医学では一度見えなくなってしまった視野を元に戻すことはできません。

視野が欠けていくイメージ(右目)

視野が欠けていくイメージ

どうすればいいの?

検査室

検査室

40歳以上の方の17人に1人が緑内障だというデーターがあります。
40歳を超えたら一度緑内障検査を受けられる事をおすすめします。
眼圧検査、眼底検査、必要によっては視野検査、OCT(光干渉断層計)を行います。

その検査結果で緑内障かどうかわかります。
もし、緑内障と診断されても早期発見であればそんなに心配することはありません。
点眼薬で進行を防ぐことができます。
一旦進行が防げても病状が悪化することもありますので、必ず定期受診してください。