医療設備

北名古屋市にあります酒井眼科の医療設備についてご案内します。

検査で使用する医療機器

ファイリングシステム(NAVIS)

ファイリングシステムの写真

当院では、細隙灯顕微鏡、眼底カメラ、OCT、自動視野計をファイリングシステム(NAVIS)に一度保存し、3つのモニターに検査結果を写し出し、患者さんによりわかりやすく病気について説明できるようにしています。
また、データを保存しておく事ができるので、緑内障患者の視神経の状態や視野の欠損の進行を経時的に把握することにとても有効です。

無散瞳眼底カメラ

無散瞳眼底カメラの写真

眼底カメラとは眼の奥(網膜)を撮影する検査機器です。
当院の眼底カメラは瞳孔がひらいていなくても眼底写真を撮ることができます。もちろん、瞳孔がひらいていても撮影できます。
眼底写真はモニターですぐにその場で見ることができますので、現在の状態を写真でみながら病気について説明することができます。
糖尿病網膜症や眼底出血などの病気には造影剤を静脈から流し眼底写真をとります。(蛍光眼底撮影)その結果で病気を診断したり治療が必要かどうかを判断するのですが、蛍光眼底撮影の結果もすぐにその場でお見せし、説明することができます。
また、眼底自発蛍光写真も撮影できます。

細隙灯顕微鏡

細隙灯顕微鏡の写真

主にこの顕微鏡を使って診察を行います。
眼の表面(角膜)から眼の奥(網膜)まで観察することができます。また、ファイリングシステムを使うことにより顕微鏡で観察したものを写真に撮り、その場でお見せすることができます。
白内障を写真にとることもできますので、白内障の進行度を説明したり、手術前の説明に使ったりします。

自動視野計

自動視野計の写真

見える範囲を検査する機器です。この検査で見えない部分がないか調べます。
主に緑内障の視野欠損の状況や進行度の把握に使います。
今までの検査を順番に並べてお見せすることができ、視野変化をわかりやすく説明することができます。
また、中心がみえない(中心視野欠損)、右半分が見えない(同名半盲)などの訴えのある患者さんの検査としても使います。

OCT 眼のCTスキャンです

新しい眼底観察・解析機器で、従来では診断が困難であった疾患の診断精度が向上し、治療前後で評価がより詳細に行えるようになりました。
眼底病変をCTやMRIのような断層画像データとして患者様に提示できるようになり、病気に対する理解を深めていただくことが可能となります。
検査は非侵襲であり、痛みや眩しさはありません。検査時間も短時間で終わります。当機器の導入により、患者様に質の高い医療が提供できるようになると考えています。
緑内障、黄斑変性症などの早期発見・経過観察に有効です。

IOLマスター

IOL マスターの写真

当院では、患者様に負担をかけない眼の測定機器を導入しています。
白内障手術では濁った水晶体を取り除いて「眼内レンズ」という人工水晶体を入れます。IOLマスターの導入により、患者様の眼に合った眼内レンズの度数を決めるための検査が、正確に、眼に触れることなく行うことが可能です。

手術や治療で使用する医療機器

超音波白内障手術装置(Fortas A)

超音波白内障手術装置

当院の白内障手術装置はわずか2.4ミリの切り口から濁った水晶体を除去することが可能となりました。
また、優れたコンピューター制御により安全に手術を行うことができます。

手術顕微鏡システム

手術顕微鏡システムの写真

最先端の白内障手術や硝子体手術にも対応できるよう、よりクリアーでシャープな観察像とより快適で使いやすい操作性を備えています。

レーザー光凝固装置

光凝固装置

糖尿病網膜症、網膜裂孔、眼底出血、緑内障の治療に使います。
蛍光眼底撮影後にレーザー治療する場合は、レーザー光凝固装置横のモニターで写真を確認しながらレーザー治療を行うことができます。