院長紹介

北名古屋市にあります酒井眼科の院長を紹介します。
日本眼科学会認定眼科専門医の資格を持ち、白内障手術の経験も豊富です。

ごあいさつ

院長写真

当院では地域のみなさまに質の高い医療を提供したいと考えています。

そのために必要な最新の検査機器、白内障手術装置、レーザー光凝固装置などを整備しております。また、手術はすべて日帰りで行うため、手術後にくつろいでいただけるように静養室も用意してあります。

白内障、緑内障、糖尿病網膜症などの網膜疾患、眼鏡処方、コンタクトレンズ処方などあらゆる疾患や要望に対応していきたいと考えています。
そして、患者さん一人一人に納得していただけるように最大限の努力をし、より良い光を提供できるようがんばりますのでよろしくお願いいたします。

酒井眼科 院長 酒井 健児(日本眼科学会認定眼科専門医)

院長略歴

平成9年3月日本医科大学卒業
平成9年5月愛知医科大学病院 入局
平成10年4月松江赤十字病院 眼科勤務
平成13年1月新宮市立病院 眼科医長
平成13年5月新宮市立医療センター 眼科科長
平成15年2月愛知医科大学病院 眼科助手(糖尿病網膜症 専門外来)
平成15年6月東海記念病院 眼科医長

主な所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本眼科手術学会
  • 日本白内障学会
  • 日本緑内障学会
  • 日本小児眼科学会
  • 日本糖尿病眼学会
  • ドライアイ研究会会員