糖尿病網膜症

北名古屋市にあります酒井眼科より、糖尿病網膜症についてご案内します。

糖尿病網膜症

糖尿病の三大合併症は眼、腎臓、神経にでます。日本における中途失明者の原因の第一位が糖尿病網膜症です。つまり、放っておくと失明してしまうことがあると言うことです。

資料提供:参天製薬

どうすればいいの?

診察室の写真

糖尿病網膜症は失明に至る怖い病気ですが、定期的に眼科受診をすれば大丈夫です。
現在、糖尿病網膜症の検査、治療が優れているため、必要なときに必要な検査、治療をすれば、失明することはあまりなくなってきました。
ただ、いまだに糖尿病にもかかわらず眼科定期受診をしていない患者さんがおり、眼科を受診したときには手遅れというケースがあります。
糖尿病網膜症は最初は無症状です。
症状がでてからでは、手遅れということもありますので、症状の無いときから定期受診しなくてはいけません。

どんな治療をするの?

処置室

レーザー治療と手術による治療があります。
まずはレーザー治療をします。
レーザーによって手術しなくても大丈夫なように進行を抑えます。
ただし、基本は血糖を良くすることです。
いくらレーザー治療をしても血糖値が悪ければ糖尿病網膜症の進行を抑えることができません。